解体・土木 基礎知識

解体・土木 基礎知識

「一般建設業」と「特定建設業」のちがい

2021/2/10  

建設業許可は、「一般建設業」と「特定建設業」に区分されています。建設業許可が必要な業種は29種類ありますが、それぞれに「一般建設業」と「特定建設業」許可があります。ただし、同一業種で「一般建設業」と「 ...

解体・土木 基礎知識

解体工事における産業廃棄物処理

2021/2/16  

不要となり処分するものである廃棄物は、産業廃棄物と一般廃棄物に分類されます。解体工事で発生した廃棄物は「産業廃棄物」として扱われます。 「産業廃棄物」と「一般廃棄物」のちがい 「産業廃棄物」 事業活動 ...

解体・土木 基礎知識

解体工事時のPCB廃棄物に注意

2021/2/15  

昭和28年(1953年)から昭和47年(1972年)に、PCBを絶縁油として使用した変圧器、コンデンサ、蛍光灯安定器などが製造されていました。また、変圧器などの重電機器や地中送電線に非意図的にPCBが ...

解体・土木 基礎知識

解体工事のフロン類回収義務

2021/2/15  

フロン類とは フロン類とは、フルオロカーボン(フッ素と炭素の化合物)の総称で、フロン排出抑制法ではCFC(クロロフルオロカーボン)、HCFC(ハイドロクロロフルオロカーボン)、HFC(ハイドロフルオロ ...

解体・土木 基礎知識

建設リサイクル法の手続き

2021/2/15  

建設リサイクル法とは 近年、廃棄物の増加により不適正処理等、廃棄物処理問題が深刻化しています。解体工事や建設工事によってできる建設廃棄物は、平成13年度には産業廃棄物全体の約2割、平成14年度には不法 ...

解体・土木 基礎知識

建設業許可が必要な29の業種

2021/2/15  

解体工事業の追加により29種類へ 増大する解体工事の安全と品質を確保するため業種区分の見直しが行われ 、平成28年6月1日に改正建設業法が施行されました。従来の「とび・土工工事」から分離独立し、「解体 ...

解体・土木 基礎知識

経営業務の管理責任者について

2021/2/15  

建設業の許可を受けるために必要の要件の一つとして、建設業経営業務に最低でも1人は管理責任者が必要です。法人の場合は常勤の役員、個人の場合は事業主本人や支配人。一定期間の経営経験や補佐経験を有する者が条 ...

解体・土木 基礎知識

建設業専任技術者について

2021/2/15  

建設業の許可を受けるために必要の要件の一つとして、許可を受けようとする建設業に関して、営業所ごとに「専任技術者」を配置する必要があります。「建設業許可に必要な5つの要件」についてはこちら 専任技術者の ...

解体・土木 基礎知識

建設業許可に必要な5つの要件

2021/2/19  

「建設業許可」とは? 「軽微な建設工事」以外の解体工事を請け負うには、必ず建設業許可(解体工事業許可)を取得する必要があります。建設業許可を受けずに解体工事を請け負うと建設業違反となり、行政処分を受け ...

解体・土木 基礎知識

建設業法に違反するとどうなる?

2021/2/19  

建設業法にはさまざまな規制が設けられています。建設業者は、営業から工事施工完了まで法令を遵守する必要があり、建設業法や関連法令に違反すると、監督処分(許可行政庁から直接法の遵守を図る行政処分)が行われ ...

© 2021 解体・土木サポートプロ | 株式会社 森建工業 Powered by AFFINGER5